『究極のアンチエイジング』って知っていますか?

アンチエイジングという言葉は知っていても
究極とは…?

究極のアンチエイジング

「アンチエイジング」というワードは世界中で普及しており、今では一般的な言葉として当たり前のように存在しており、雑誌やテレビCM、店頭などでも見かけるかと思います。
数多のケア商品の紹介になどに使用されており、もう目にしない日は無いと言っても過言ではないでしょう。

その普及の裏側には、「キレイでありたい」という女性の強い願いがこめられているからではないでしょうか。

みなさんは「アンチエイジング」と聞いて、どんなことを想像しますか?

肌のスキンケア?
抗酸化作用のある食事?
毎日の運動?

実はキレイな外見の秘密には、「膣」が深く関わっていることをご存知でしたか?


「膣」をケアすることが「究極」と考えています。

私たちの肌は加齢とともに乾燥しやすくなり、潤いが不足してハリやツヤが無くなってきます。
だからこそ毎日のスキンケアで、肌のバリア機能を高めることが大切です。

このケアが膣にも同じことが言えるのです。

膣も放っておくと粘膜が乾燥して硬くなり、萎縮し老化していきます。

膣の老化が進むと血行不良により、むくみや冷え性に陥りやすく、肌や髪、爪などのハリが失われることにもつながると言われています。
また、生殖器と脳は密接な関係がある為、膣が萎縮すると脳も硬くなり記憶力の衰えや、精神的にも不安定になったりと、外見だけではなく内面にも影響を及ぼすと言われています。

(参考文献、ちつのトリセツ 劣化はとまる たつのゆりこ監修 原田純 著)

いつまでも若々しく、みずみずしい女性であるためには、スキンケアで外見に気を遣うだけでなく、カラダの内側にも目を向けケアすることが大切です。

スキンケアや食事だけでなく、外見と内面の老化に密接に関わってくる膣の状態を良好に保つことが、どんなに高級な美容液を使うことよりも効果があり『究極のアンチエイジング』と言えるのです。